【乳酸菌 ワイン】

ワインの乳酸菌について

お酒が好きな人に是非おすすめしたいのが、ワインです。なぜワインがオススメなのか。それは非常に優れた乳酸菌が作用しているからです。

<ワインの醸造方法>
ワインというのは、まずぶどうを酵母によって「アルコール発酵」させます。すると含まれる糖分がアルコールへと変化するのです。この段階で既にお酒なのですが、赤ワインや一部の白ワインは、このあと乳酸菌による2回目の発酵を行います。これを「マロラクティック発酵」と言います。リンゴ酸が乳酸菌の働きによって、乳酸に変わります。そうすることですっきりさわやかな状態から味わいのあるまろやかなワインになるのです。このマロラクティック発酵は、「Ln.oenos」という乳酸菌によって起こります。この乳酸菌はもともとのぶどうの中には存在せず、酵母の力でぶどうからワインに変わる工程で発生します。そして、アルコールによってほかの乳酸菌が死滅する段階で増殖を始めるのです。まさにワインのために存在する乳酸菌と言えるでしょう。

<生ワインとは>
最近生ワインといった言葉を耳にすることがあります。これは、殺菌されていない除菌されたワインのことをさします。通常、ワインの中には発酵を行った際の乳酸菌や酵母菌が大量に含まれています。この状態のまま瓶に詰めると、更に乳酸菌が増えてガスが発生します。その結果、ワイン本体の劣化やにごりなどをおこしてしまうのです。その為瓶詰めする前に加熱することによって殺菌しています。それに対して、生ワインというのは、非常に細かいフィルターのようなもので、菌を除菌しているのです。乳酸菌の効果を期待するのであれば、菌そのものが含まれない生ワインよりも、殺菌されていたとしてもその残骸が残る通常のワインの方が良いでしょう。

<少し注意が必要?>
良い面もあれば悪い面も多少ある訳で、実はぶどう由来のワインの中に存在する乳酸菌の作用によって、頭痛の原因となるヒスタミンという成分を作り出すようです。乳酸菌を活用して、リンゴ酸を乳酸に変える工程を通る赤ワインに多く存在しているようです。ヒスタミンという成分に分館な人の場合、ワインを飲むと頭痛がするなんてことがあるようです。血管が拡張することによって頭痛が発生するそうです。そういった人は、無添加のワインがおすすめです。乳酸菌の種類がことなることと、発酵工程で乳酸菌がヒスタミンをあまり作り出さないようです。その為頭痛を起こしにくいそうです。

人気のある乳酸菌サプリは…!!

  商品 価格 送料 詳細
カゴメ
「植物性乳酸菌ラブレ」
4,628円 2袋以上
無料
詳細
バナー原稿 468×60 (120405)imp
植物性乳酸菌ラブレ公式申し込みページへ進む
乳酸菌EC-12 1,810円(税抜) 無料 詳細
バナー原稿 468×60 (110801)imp
乳酸菌EC-12公式申し込みページへ進む
「ビフィーナS」 初回購入
2,980円
無料 詳細
バナー原稿_bimp
ビフィーナS公式申し込みページへ進む

▲このページの上部へ
© 2015 乳酸菌サプリを比較しよう!