【乳酸菌 役割】

乳酸菌の役割

最近のヨーグルトには必ずと言って記載されている「乳酸菌」ですが、その役割とは一体どういうものなのでしょうか?乳酸菌といっても、その種類は多くそれぞれが様々な役割を担っているようです。

<乳酸菌の役割>
乳酸菌というのは基本的に、腸内環境を整え、腸の活動を高めて消化吸収を助けてくれます。また、便を送り出す運動を促すことにより、便秘や下痢を予防してくれます。また、腸内の状態を酸性に保ち、有毒物質を作り出し悪影響を与える病原菌や腐敗菌の働きを抑える「抗菌作用」があります。さらには、腸内で発がん性物質の合成を防ぐ「抗がん作用」もあり、抵抗力である免疫を高めてくれる作用もあります。乳酸菌は非常に重要な働きをになっているのです。

<乳酸菌の働き>
乳酸菌は善玉菌と悪玉菌があり、それぞれに働きがあるのです。善玉菌・・・ビフィズス菌やユウバクテリウムなど。これは健康維持と老化防止に努めてくれます。腸内を酸性に保ち、外からの有害菌を攻撃排出し、免疫の向上に作用しています。私たちの健康に欠かせない働きをしてくれています。悪玉菌・・・ブドウ球菌や大腸菌など。言うまでもなく健康に悪影響を与え、病気の原因になります。タンパク質を分解することによって、アンモにやなどの有害物質を作り出します。腸内の環境をアルカリ性にして、免疫力低下の原因となります。善玉菌とは正反対の働きを持っています。

<善玉と悪玉のバランスが重要>
上記のように健康に外のある悪玉菌は、いっそのこといない方がいいと思われるかと思います。しかしそれはまた違うのです。死滅させてしまい、腸内を善玉菌のみにしてしまってもまた不具合が出てくるというわけです。悪玉菌がいるからこそ、善玉菌が強くなれるのです。厳密に言うと、菌を単純に善悪判断することはできないようです。腸内では悪玉として存在する菌も、ほかの場所では大事な役割をもっているものもあります。悪玉菌に関しては、人間が生まれてから初めて免疫機能の基礎を作るために、なくてはならないものなのです。

<善玉と悪玉は良きライバル>
悪玉菌が腸内の栄養を食べ始め増殖を始めると、それに負けないようにと善玉菌も働き始めます。お互いが競争することによって、ちょうどいいバランスを保っていると言えるでしょう。善玉菌が優勢な状態を保つのが健康の秘訣です。乳酸菌の役割を知り、取り入れていきましょう。

人気のある乳酸菌サプリは…!!

  商品 価格 送料 詳細
カゴメ
「植物性乳酸菌ラブレ」
4,628円 2袋以上
無料
詳細
バナー原稿 468×60 (120405)imp
植物性乳酸菌ラブレ公式申し込みページへ進む
乳酸菌EC-12 1,810円(税抜) 無料 詳細
バナー原稿 468×60 (110801)imp
乳酸菌EC-12公式申し込みページへ進む
「ビフィーナS」 初回購入
2,980円
無料 詳細
バナー原稿_bimp
ビフィーナS公式申し込みページへ進む

▲このページの上部へ
© 2015 乳酸菌サプリを比較しよう!