【乳酸菌 摂り方】

乳酸菌の取り方

乳酸菌を取り入れるとき、より効果的にするためにできることはあるのでしょうか?せっかく摂取するのであれば、最大限に効果を発揮してくれた方が嬉しいですよね。

<効果的なタイミング>
乳酸菌を摂取するタイミングは非常に重要です。ここを間違えると効果は半減です。摂取するタイミングとしては、食後が最も望ましいのです。食後に取り入れることによって、腸への効果は抜群です。なぜ、食後なのか?というと、乳酸菌は酸に非常に弱いのです。空腹の状態で摂取すると、胃酸によってほとんどの乳酸菌が死滅してしまいます。生きたまま腸に届くことで、大きな効果を発揮してくれます。生きたままの状態で腸へ届けるには、胃酸の影響を受けにくい食後ということになるのです。今は、酸から守るために特殊な加熱加工をされた乳酸菌もいるので、空腹の時に摂取しても効果を発揮してくれるみたいです。それでも、できる限り酸の影響を受けないタイミングで摂取するように気をつけましょう。

<1日に必要な量を>
乳酸菌は腸内環境にいいからといって、大量に摂取すればいいわけではありませんし、少なすぎても意味がありません。1日の必要な摂取量は、食品から取り入れる場合300g程度必要だと言われています。腸内の善玉菌は、悪玉菌に比べて非常に弱いので、少しでもバランスが崩れると一気に腸内環境は悪化します。それほどまでに悪玉菌の生命力は強いのです。その為、毎日継続して必要な量の乳酸菌を取り入れる必要があるのです。

また、大量に摂取したとしても、問題は一切ありません。乳酸菌に副作用は全くないのです。しかし、大量に乳酸菌を摂取したとしても、腸内で定着することができず体外に排出されていまいます。全くの無駄になってしまうので、適度に取り入れたほうがよいでしょう。

<違う種類の乳酸菌を一緒に摂取>
乳酸菌と言っても、その種類は豊富です。また乳酸菌の種類によって、働きは違ってきます。ビフィズス菌は、悪玉菌の住みにくい環境をつくり、殺菌作用が高く悪玉菌を殺菌する働きをになっています。フェカリス菌という乳酸菌は、善玉菌のエサとなり、善玉菌の増殖を助けます。また免疫機能の向上にも役立ってくれるのです。このように全く違う働きをする乳酸菌を同時に摂取した場合、効果を半減させてしまわないのか、問題はないのか心配される方もいるようです。しかし、実際のところ別の種類の乳酸菌を同時に摂取しても、潰し合うことはなく、効果も減少することはありません。むしろ、複数の種類の乳酸菌を取り入れたほうが、より健康維持につながるのです。乳酸菌を取り入れるのであれば、いろいろな種類のものを摂取した方が、より効果を実感できるでしょう。

人気のある乳酸菌サプリは…!!

  商品 価格 送料 詳細
カゴメ
「植物性乳酸菌ラブレ」
4,628円 2袋以上
無料
詳細
バナー原稿 468×60 (120405)imp
植物性乳酸菌ラブレ公式申し込みページへ進む
乳酸菌EC-12 1,810円(税抜) 無料 詳細
バナー原稿 468×60 (110801)imp
乳酸菌EC-12公式申し込みページへ進む
「ビフィーナS」 初回購入
2,980円
無料 詳細
バナー原稿_bimp
ビフィーナS公式申し込みページへ進む

▲このページの上部へ
© 2015 乳酸菌サプリを比較しよう!