【動物性と植物性の乳酸菌の違い】

動物性と植物性の乳酸菌の違い!

乳酸菌は「動物性乳酸菌」と「植物性乳酸菌」の2種類に大きく分類することができます。それぞれ、形状も違い、性質等も全く違います。

<根本的な違い>
まず、ヨーグルトやチーズなどの動物性の原料が含まれる乳酸菌を動物性乳酸菌といいます。それに比べて漬物や味噌といった植物から作られる乳酸菌を植物性乳酸菌といいます。そもそも根本的に住処としている場所が違うのです。動物性は動物の乳から作られ、植物性は野菜から作られます。

<環境の違い>
動物性乳酸菌は、非常に恵まれた環境、過ごしやすい場所で単独で住んでいます。それに比べて植物性乳酸菌は、漬物などの塩分の強い過酷な環境を生き抜いています。また単独では無く、複数の微生物と共同生活をしているのです。その為、動物性乳酸菌は胃酸などに弱く、分解され死んでしまいます。しかし、植物性乳酸菌の場合、胃酸にも比較的強く、生きたまま腸にまで届く可能性が高いのです。生きたまま届いた乳酸菌は、死んでしまった乳酸菌に比べて数十倍もの効果が期待されると研究でもわかっています。その為、最近では動物性よりも植物性に注目が集まっているのです。しかし、死んでしまった乳酸菌でも意味はあるのです。善玉菌の餌としてしっかりと役立ってくれるので、無意味なのではありません。

<養分の違い>
動物性乳酸菌の養分になるのは乳糖です。それに比べ、植物性乳酸菌の養分は、植物から得られる糖分です。ということは乳糖だけでなく、オリゴ糖やショ糖・麦芽糖など複数あるということです。複数の養分を糧にできるということは、より腸内でも餌が豊富にあるというわけですから、力を発揮してくれるでしょう。

どちらの乳酸菌がいいのかというのは一概に言えませんが、植物性乳酸菌の方が日本人にはあっているかと思います。漬物や味噌、醤油や酒にも含まれていて、日本人が昔から口にしているものです。日本人の腸内環境には最適なのではないでしょうか。また、動物性乳酸菌にも種類があり、植物性乳酸菌にも種類があります。それぞれに働きが違い、それぞれに善し悪しがあります。自分が求めている効果を最大限引き出してくれるチョイスをするといいでしょう。もし、乳製品にアレルギーがある場合には、植物性の乳酸菌を取り入れることが出来ます。ヨーグルトなどが苦手な人でもお味噌汁ならどうですか?サプリメントとして取り入れるのもいいですね。動物性と植物性、それぞれの特徴や効果を知り、その上で乳酸菌を日々の生活に取り入れることが大事です。

人気のある乳酸菌サプリは…!!

  商品 価格 送料 詳細
カゴメ
「植物性乳酸菌ラブレ」
4,628円 2袋以上
無料
詳細
バナー原稿 468×60 (120405)imp
植物性乳酸菌ラブレ公式申し込みページへ進む
乳酸菌EC-12 1,810円(税抜) 無料 詳細
バナー原稿 468×60 (110801)imp
乳酸菌EC-12公式申し込みページへ進む
「ビフィーナS」 初回購入
2,980円
無料 詳細
バナー原稿_bimp
ビフィーナS公式申し込みページへ進む

▲このページの上部へ
© 2015 乳酸菌サプリを比較しよう!