【動物性乳酸菌】

動物性乳酸菌とは

乳酸菌には、植物性のものと動物性の物があります。その違いは一体どういうところなのでしょうか。動物性乳酸菌について知っておきましょう。

<必要とする養分>
動物性乳酸菌は、乳糖を養分として増える菌です。普通動物性乳酸菌は、乳製品に存在していて、乳酸を作り出す菌の総称です。まれに魚の発酵食品もありますが、それには植物性乳酸菌の力を補助として使っています。なので、これを動物性乳酸菌とはいえませんのでご注意ください。

<非常にバランスがいい>
牛乳やヨーグルトをとってもそうですが、含まれる栄養が非常に豊富で、バランスがいいのが動物性の特徴です。チーズなどもそうですね。基本的には脂肪分が多く、ダイエットをしている人にとってはカロリーの面ではマイナスかもしれません。

<実は弱い動物性乳酸菌>
植物性に比べて、動物性の乳酸菌は非常に弱いとされています。糖の濃度も一定でなければ生息できませんし、酸にも非常に弱いため、ほとんどが胃酸で死滅してしまいます。最近では特殊な加工をし、腸まで届けることが可能だそうですが、本来は非常に弱いのです。塩分濃度の高い場所でも生息は出来ずに、強い影響を受けてしまいます。

<動物性乳酸菌の代表ヨーグルト>
動物性の乳酸菌といえばやはりヨーグルトですね。ヨーグルトは奥が深く、含まれる乳酸菌の種類も様々です。ヨーグルトの種類によって変わるようです。そもそもヨーグルトが最初に作られたのは紀元前とも言われています。生乳を持ち歩く中、自然にバクテリアの繁殖によりヨーグルトのようなものが誕生したのです。今ではヨーグルトの種類も非常に豊富になりました。プレーンヨーグルトといえば戦後から発売され始めました。ハードヨーグルトというものもあり、これは寒天等で固めたヨーグルトです。日本独特のものです。固まったヨーグルトをなめらかにしたソフトヨーグルトも一般的です。飲むヨーグルトは、甘味料を加えて飲みやすくしたものです。フローズンヨーグルトはアイス感覚で食べれるので、苦手な人におすすめです。

また、ヨーグルトの種類としてケフィアもその一つです。ロシアの伝統的な食品です。通常のヨーグルトには2種類程度の乳酸菌しか含まれていませんが、ケフィアには15種類以上もの乳酸菌を含んでいます。腸内環境を整えて、免疫を高めるほかコレステロールの減少・肝機能向上・美白といった効果も認められているようです。ヨーグルトに比べて酸味も少なく、濃厚な食感なので好き嫌い少なく食すことが出来るのではないかと思います。生活習慣病の予防にも、ケフィアは非常にオススメですよ。最近では手軽にサプリメントも販売されているので、時間が無い人でも簡単に摂取することが可能です。

人気のある乳酸菌サプリは…!!

  商品 価格 送料 詳細
カゴメ
「植物性乳酸菌ラブレ」
4,628円 2袋以上
無料
詳細
バナー原稿 468×60 (120405)imp
植物性乳酸菌ラブレ公式申し込みページへ進む
乳酸菌EC-12 1,810円(税抜) 無料 詳細
バナー原稿 468×60 (110801)imp
乳酸菌EC-12公式申し込みページへ進む
「ビフィーナS」 初回購入
2,980円
無料 詳細
バナー原稿_bimp
ビフィーナS公式申し込みページへ進む

▲このページの上部へ
© 2015 乳酸菌サプリを比較しよう!