【乳酸菌とは】

乳酸菌とは

乳酸菌という言葉はよく聞きますが、実際のところどういったものなのでしょうか?乳酸菌とは何か、詳しく知っておきましょう。

<乳酸菌とは>
乳酸菌というのは、ブドウ糖などの糖を分解して、乳酸を作る細菌の総称です。人間の腸の中には、100種類以上の最近が住んでいると言われ、その量は100兆個です。重さにすると1キロほどにもなるのです。そのうち、悪玉菌と善玉菌がいて、片方が増えたらもう一方が減るといった状態を繰り広げています。善玉菌は40種類程度存在しています。

<乳酸菌は人間と同じ>
乳酸菌というのは、人間が必要とする5大栄養素を必要としています。炭水化物・ビタミン・タンパク質・脂質・無機質です。乳酸菌は同じ栄養素を必要としている、人間と同じ生き物だということです。

<乳酸菌は弱い>
ほどんどの乳酸菌は、胃酸に弱く99%が死んでしまうと言われています。生きたまま腸まで届くといってもその量はごくわずかです。それは、人間の免疫機能によって、外部からの侵入を異物とみなし攻撃することも原因です。だったら、意味ないと思いがちですが、そう単純なことではありません。胃酸や胆汁で死んでしまった乳酸菌は、その残骸が腸に届きます。その残骸は腸に住んでいる善玉菌の餌になるのです。なので、ヨーグルトや納豆などの乳酸菌を含む食品が健康にいいというのは、間違ってはいないのです。

<摂取方法に要注意>
乳酸菌を日々の食生活から取り入れようと思ったとき、例えばヨーグルトだったらどうでしょう。必要な分の乳酸菌を取り入れようと思ったとき、大量のヨーグルトを食べなければなりません。すると、それに伴って大量の脂質も取り入れることになります。納豆や漬物、味噌の場合はどうでしょう。こちらも塩分を多く含んでいますから、摂りすぎは逆に体によくありません。乳酸菌を取り入れるのであれば、サプリメント系が理想かもしれませんね。だからといって食生活の改善も重要です。本来の日本食である一汁三菜が一番です。主食副菜などのバランスを考えましょう。一汁は言うまでもなくお味噌汁がオススメですよ。肉食ばかりでは、腸内環境は最悪です。元々日本の食事は理にかなったものだったのです。

乳酸菌は、私たちが生きていく上で共存すべき大事な存在です。善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れると、便秘や健康への影響につながります。よりよい腸内環境を維持するために、乳酸菌は重要な役割をになっています。

<乳酸菌の基礎情報>
乳酸菌の役割 乳酸菌の種類 乳酸菌の取り方 乳酸菌の寿命 乳酸菌を増やすには
乳酸菌の副作用 動物性乳酸菌とは 植物性乳酸菌とは 動物性と植物性の乳酸菌の違い

人気のある乳酸菌サプリは…!!

  商品 価格 送料 詳細
カゴメ
「植物性乳酸菌ラブレ」
4,628円 2袋以上
無料
詳細
バナー原稿 468×60 (120405)imp
植物性乳酸菌ラブレ公式申し込みページへ進む
乳酸菌EC-12 1,810円(税抜) 無料 詳細
バナー原稿 468×60 (110801)imp
乳酸菌EC-12公式申し込みページへ進む
「ビフィーナS」 初回購入
2,980円
無料 詳細
バナー原稿_bimp
ビフィーナS公式申し込みページへ進む

▲このページの上部へ
© 2015 乳酸菌サプリを比較しよう!